壊れたPoint One Racing Podium

頂き物のPoint One Racing Podium、超ロープロファイルなプラットフォームと独特の見た目が気に入っており、去年年末からトレイルなどで使い、4月末からゲレンデで使用をスタートしていました。

今年に入ってからのゲレンデDHは箱根山に始まりウイングヒルズ、白馬48、福井和泉3回、富士見5回と去年に比べて結構な回数になっていますが、遂に先日の福井和泉で寿命を迎えました。

Broken Point One Racing Podium Pedals

右ペダルのベアリングは小さいものが3つ連なって入っている構造ですが、最もフレーム側のベアリングが砕けてバラバラになっています。DHから帰って来た時不自然なガタが出ていましたが、これが原因だったようです。

Broken Point One Racing Podium Pedals

残骸を掘り出しました。残っている2個のベアリングで今の所スムーズに回っていますが、高負荷には耐えられないでしょうから普段用バイクのNuke Proofのペダルと交換しておきます。

原因は何でしょうか。時々清掃していましたが、その際は不良は見当たりませんでした。使用に際してガタも確認していましたが、同じく問題はありませんでした。考えられるとすれば、福井和泉でジャンプを繰り返した事でシャフトが撓ってベアリングが割れた、とかでしょう。一応ベアリングキットと交換ツールもあるようですが、入手性が悪く両者で$40なので、別のペダルを買う事にします。良いペダルですが、1年持たないというのは考え物です。

広告を非表示にする