Think Cup 箱舘山走り放題DH

滋賀県北部の箱舘山で開催されるThink Cupに出てきました。大会というよりはタイム計測のおまけが付いたDHのお祭りみたいなものですが、富士見までは行けないけど、一足先にDHシーズンを始めたい、という場合には丁度良いタイミングと場所です。

f:id:orange-mkII:20130428153949j:plain

一応カテゴリがあり、私はフルサススポーツで登録しました。当日変更できるようですが、途中から順位もタイムもどうでも良くなり結局スポーツのまま終えました。パッと見は初心者から出られる緩いイベントなのですが、会場に着くとDHバイクやフルフェイスのライダーしかいません。一応フルフェイスが必須になっているので本当のビギナーは来ないと思いますが、それにしても富士見よりよっぽどシリアスな雰囲気。まあ、Jシリーズのライダーがテスト走行で来るので、格段にレース指向の人が多いのは仕方がありません。

f:id:orange-mkII:20130428082933j:plain

Dirtfreakの車も来ていました。見渡す限りDHバイク。ハードテール数人と僅かなAM以外は全員DHバイクです。

コースはお世辞にも楽しいとは言えないもので、特に午前中石がある程度掃けるまでは苦行でした。激坂ヘアピンはバームもなく、高速コーナーもフラットで石まみれとにかくガレているコースです。前半こそバームが少しあるものの、後半のつづら折れは本当にきつかったです。最後の高速コーナーでバームの途中に木の根があり、前輪を引っかけて吹っ飛びました。富士見はおろか、朽木MTBパークでももう少しマシなコースです。トレイルの方が楽しいような…あと、スタート地点までの激坂が結構堪えます。ビギナーだと下手したらスタートまでたどり着けません。トレイルで慣れているはずの私でも面食らうほどでした。2回目以降は何とも思いませんでしたが、コースはもっとスムーズだよね、、、と願うことになるとは思いませんでした。

タイム計測はこけたりコースを間違えたりでまともに完走できたのが2本か3本で、総合順位はクラス内の2/3ぐらいの位置。スポーツクラスがどのぐらいの物なのかイマイチ分からないのですが、満足いく結果ではありません。

今回走って分かりましたが、フラットなヘアピンとガレたコーナーが非常に苦手です。特にヘアピンではバイクが倒せずそろそろと曲がる癖があるので、これをどうにかしないとどのコースでもタイムロスしてしまいます。あとは、スムーズに走る事と、速く走る事は違うという事。フラットなセクションでは必死で漕がないとタイムは出ませんし、隙を見て加速するという事も必要です。その辺はレース指向ではないので練習はしませんが、良い経験にはなりました。また、サスのセッティングも色々試しましたが、Enduroのシールに交換してから動きが格段にスムーズになり、その結果前サスが大幅なセッティングの変更をする事になりました。この辺は別の記事にする予定ですが、とにかくシーズン初めにして様々な課題が浮き彫りになった形です。

 

次は富士見かな?と計画を立てつつありますが、やはり常設コースは富士見か福井和泉が圧倒的ですね。次点で朽木です。箱舘山はもう二度と来ないでしょう。

広告を非表示にする