DHレーサー Aaron Gwinの移籍

ワールドカップのトップレーサーであるAaron Gwinの電撃移籍ですが、ちょっともめているようです。Trek World Racing Team(TWR)からSpecializedへの移籍ですが、TWRとの3年契約にサインしたばかり*の移籍です。

 

”Aaron Gwin signed a legally binding Letter Of Intent with our team for the next three seasons, his agent wrote an email to the team in mid-December stating he had decided to race for another bike brand.”

http://www.23degrees-sports.com/news.php?id=718より引用

 

DHチームは基本的にバイクブランドのスポンサードを受けている場合がほとんどなのですが、Another bike brandと書く辺り、Sessionに不満でもあったのでしょうか?

UCIにチームリストを送る直前での移籍に驚くばかりで、Unprofessionalな振る舞いであるとTWRも困惑している模様。

 

これに対しAaron Gwinは契約違反はしておらず、上の23Degreeの報じた内容は不確かでアンフェアで一方的であると反論しています。

”Reports that I broke my contract with 23 Degrees/Trek World Racing are false.  My contract expired.  The one-page letter of intent I signed said there would be a “full length contract” with “precise terms” coming in the future.  The 16-page contract that showed up in late November was not signed by me because it was not the deal we had made. I have moved on to a team that gave me the contract I wanted, and these are the facts.”

http://www.pinkbike.com/news/Aaron-Gwins-Official-Statement.htmlより引用

 

問題はここのようで、Gwinがサインしたのは1枚の紙切れだけであり、その後送られてきた16ページにも及ぶ契約書にはサインしていないため、3シーズンの契約は無効である、という事のようです。

 

事態は現在進行中なので今後の動向が気になる所ですが、XC部門をやめてDHに集約した矢先の看板ライダーの離脱はTrekにとってかなりの痛手でしょう。若手の育成に力を入れているようですが、ポディウムでTrekを見るのは少し先の事になりそうです。

 

 

 

広告を非表示にする