自転車通販‐海外ショップの動向‐

ここ数年で急激に普及したのが海外通販です。自転車パーツの海外通販といえば最早珍しくも何でもなく、馴染みのショップがありつつも大物は海外から、という人も珍しくありません。私はショップが好きではないので基本的には全て通販、その内の95%は海外通販です。

 

日本からの購入が爆発的に増え始めてから、各ショップの対応はどうなったでしょうか。有名どころを少しだけ紹介してみようと思います。

 

Wiggle

言わずと知れた英国のショップで、規模とサービスは今でも業界トップクラスだと思います。日本語のカスタマーサービス、ページの日本語化共にここが最速だったように覚えています。ただ、より日本向けに特化するにあたって年々安さが失われているように感じます。3年ほど前は100ポンド買ったら10ポンド割引、というようなバウチャーをひっきりなしに打っていましたが、今では定価からX%OFFというような、プラチナユーザー(標準で12%OFF)にはほとんどメリットのないようなバウチャーが目立ちます。また、取り扱いブランドもイギリスのローカルブランドが多くなってきており、かつて感じたような”とりあえずWiggle”というショップのイメージは私の中ではなくなりました。

 

CRC

荷物に期限付きバウチャーを入れて、次の買い物を誘発するスタイルが有名?ですが、残念ながらヘビーユーザーの私の所には10回に1回ぐらいしかバウチャーを入れてくれません。Wiggleが日本語化を図ってから少し遅れてCRCも日本語のカスタマーサービスとページを用意しました。「英語しか通じない」という海外通販の大きな敷居を取っ払った点は、他のショップより数歩前に進んでいると言えます。Wiggleが初心者向けに特化していったのに対し、CRCは日本語対応以上の事はしていないように見えます。ラインナップは年々増加しており、今では”とりあえずCRC”という事で最も利用するショップになりました。Wiggleに比べて在庫管理などが適当なので、日本的サービスを期待する人はWiggleを使った方が良いと思います。

 

Bike24
ここはドイツのショップで、日本国内でも色々な所で紹介されているので有名な方だと思います。そこそこ日本からの注文もあると思いますが、英語とドイツ語のページのみでカスタマーサポートも基本的には英語です。ドイツやオーストリアのショップはイギリスのショップに比べ遥かに安い事が多いので、高額商品はほとんどその辺りから購入します。Bike24は数年前から特に変化もなく、日本からの注文の増加に関しては特に対策などはしていないようです。発送ミスやトラブルはほとんどありませんでしたが、時々サポートの英語が片言なので、意思疎通で時々詰まる事があったように思います。とはいえ、ラインナップや値段は非常に優秀なので定番ショップの1つとして良いでしょう。

ちなみに、Bike24から来る荷物は毎回間違いなく潰れています。もうかれこれ20回は使っていますが、角が残っていた事は1度もありません。DHLが悪いのか、元々古い箱を使っているのかは分かりませんが、外箱の破損が気になる人はやめておきましょう。

 

Merlin Cycles

ラインナップは少ないものの、一部商品が余りに安くて有名になったショップです。一時期日本から中価格・大型商品の注文が殺到したのか、送料無料のMinimum Spendが500ポンドに変更されたのが印象的でした。今では250ポンドに変更されています。250ポンドというと3万円前後と結構大きめの買い物になりますが、パーツ類の送料は非常に安いので無理に送料無料ラインを越さなくても十分安い場合が多いです。発送と到着が比較的早いので気に入っています。発送は確かDHLですが、時々オランダから発送されるのが謎。通販拠点はイギリスではないのかもしれません。

 

他にもまだまだ有名なショップはありますが、日本からの注文を意識している所とそうでない所がどういう対応を取るのかは興味深い物がありました。MerlinなんかはMinimun Spendを跳ね上げた辺り嬉しいけど送料の支払いで結構利益を削られていたようにも見えます。

 

ただ、海外通販の注意点としては、海外では実使用していなければ新品(展示や新車外し含む)、外箱はあくまで外箱、新品でも初期傷はあるもの、といったように、屈指の手厚いサービスを誇る日本のショップとは大違いです。ちょっと傷が入っているぐらいでクレームを言う人は利用しない方が良いでしょう。「当たり前」が異なる事を理解できなければ、海外通販には手を出さない事をお勧めします。また、海外通販入門サイトで見かける「中学校レベルの英語でもできる」という文言を鵜呑みにするのはやめましょう。何とか解決はできるかもしれませんが、相手に迷惑が掛かります。普通に読み書きできるレベルが必要です。

 

現状だと海外通販がこれから廃れる事は無いと思いますが、これから始めようという人は、日本との違いをよくよく理解した上で利用する事をお勧めします。

広告を非表示にする